正しいリンパマッサージで効果的なリフトアップを

リンパマッサージの手順

鎖骨から口元までの流れ

まずは鎖骨の上のリンパ節をほぐします。基本的には三本の指を使って押していきます。
指を置いて、10秒ほど軽く押しながら揺らして、離します。これを数回繰り返します。この時、強く押す必要はありません。強い圧をかけてしまうと、皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。
次に首の横に手を起き、こちらも軽く揺すります。
そのまま指先を首の後に当て、数秒押して、数秒離すのを繰り返します。
耳の下には耳下腺と言う、また重要なリンパ節があるので、耳の下の部分を持って、くるくると回しましょう。
お次は顎周りです。顎周りにはリンパ節がたくさんあるので、少しずつ場所を変えながら、焦らずゆっくりとまんべんなく刺激していきましょう。そのまま、頬の方もほぐしていきます。
ほうれい線も刺激します。ほうれい線の上に指を起き、押して離してを繰り返します。
口の周りも意外と忘れがちなので、同様にほぐします。

鼻から額までの流れ

鼻筋に対して指を直角に二本置き、鼻筋に沿って上下に全体的に数度往復させます。
指を鼻筋に置いたまま、手のひらで口を覆います。その状態から、指の腹全体を使って、鼻から耳の方へ老廃物を押し流します。押し流した後は、そのまま耳から首筋の方へ流しましょう。
お次は目元です。目元周りは、他に比べて特に皮膚が薄い為、他よりも更に優しく押す必要があります。皮膚が薄いということは、それだけリンパへの刺激が伝わりやすいので、弱い力でも十分効果があります。
目尻からスタートして、目の下を通り、目頭、目の上を通った後、こめかみからまた首筋へと流していきます。
最後はおでこです。指を置いて軽く回すようにして、まんべんなくほぐしていきましょう。
全てが終わったら、化粧水を染み込ませたコットンで、リンパ節を刺激するイメージで、耳から顔全体へパッティングしましょう。


この記事をシェアする