正しいリンパマッサージで効果的なリフトアップを

頭皮も忘れずほぐしましょう

頭皮マッサージ

手の指を開いて、髪の生え際に軽く圧を加えながら指先を置き、前後に優しく揺らしながら、頭頂部に向かって10秒ほどずらしていきます。これを、指の位置を変えて、頭皮全体を刺激していきます。
こちらのマッサージは目の疲れにも効いて、スッキリさせてくれる効果もあるので、仕事中でも手の空いた時にサッと行うのもいいでしょう。
また、後頭部に両手の親指を添えて、首の付け根のくぼみを痛くない程度に数回押すのも効果があります。
ほぐしている最中は、口を軽く開け、筋肉をなるべく弛緩させておくことも意識してあるといいですね。(仕事中の合間にやる時は閉じましょう!)
頭皮をほぐし終えた後は、また首筋の方へ流していきます。これでマッサージ完了です!

髪の毛を使った頭皮への刺激

頭皮を動かして直接刺激を与えるマッサージをご紹介しましたが、直接ではなく間接的に。つまり、髪の毛を利用して頭皮に刺激を与える方法もあります。
やり方は簡単。ブラシを使って、頭頂部に向かってブラッシングをするだけです。毎日のブラッシングは、リンパへの刺激だけでなく、髪質にも良い影響を及ぼすので、是非習慣化しましょう。
また、髪の長い方は髪の毛を束ねて持ち、頭皮に対して垂直に引っ張るのも効果があります。ただ、本当に優しく、髪の毛が抜けない程度の力で。

頭頂部に向かって髪の毛を引っ張るのならば、ポニーテールは常に引っ張られていて良いのでは?と思われる方もいるかもしれません。
確かに刺激があり、皮膚そのものが引っ張られる事で一時的にリフトアップ効果があります。しかし、常に引っ張られ続けた筋肉は伸びてしまい、逆に更なるたるみの原因になってしまう可能性があります。効果がないわけでは無いので、程々に。


この記事をシェアする